東京中小企業家同友会 足立支部

東京中小企業家同友会 足立支部 オフィシャルサイト 例会報告 

HOME > 例会報告 > 2018年例会報告

例会報告 2018年

東京中小企業家同友会 足立支部 5月例会

5月23日実施

税理士 増田正二先生が語る中小企業経営のあり方
~企業が永続的に発展していくために~

報告者:増田正二

企業が永続的に発展していくためには、よりよく事業承継を行っていかなくてはなりません。
そこでまずは事業の承継の3パターンのお話から始まりました。
・親族承継
・社員承継
・M&A
と主に3パターンがあります。
承継するということは「株式」を買ってもらうわけで、それらのケースをお話頂きました。豊富な体験談から、承継のよりよいやり方、また、税金や手数料など貴重なお話をいただくことができました。
現在、税制的に事業承継がチャンスのようです!
そして何より経営を承継していかなければなりません。つまり、「お仕事」を引き継ぐということです。事業の承継も、経営の承継も最低5年から10年スパンで準備をしていくことが肝要ということでした。
そして、非承継者の条件から「経営」のあり方をお話頂きました。
経営能力とは・・・7項目ありましたが特に「経営者」は簿記3級くらいは取得してほしいとのことでした。そして、「経営の在り方」と「経営のやり方」をしっかりと確立することが大切とのことでした。
「経営の在り方」とは、すなわち経営理念に現れる。
「経営のやり方」は経営計画書(経営指針書)を作り、PDCAサイクルを廻す。
最後に、同友会で開催されている「経営指針成文化セミナー」では、これらの「経営の在り方」を徹底的に追求し、「経営のやり方」を学べる場所ということでした。

Words:足立支部 前田 忠


2018年第30期 足立支部総会

4月20日実施

4月20日シアター1010にて、2018年度足立支部総会が開催されました。


会員広告


わかばケアセンターわかばケアセンター

足立区で印刷するなら 株式会社 アイワコピー足立区で印刷するなら 株式会社 アイワコピー







電気工事のことなら㈱ミリオンテック

テキスト広告(全角18文字)

テキスト広告(全角18文字)

テキスト広告(全角18文字)